PAGE TOP
転職SEシンクアンドトライLarge

転職SEシンクアンドトライLarge

苦労が絶えないシステムエンジニアの仕事
システムエンジニア(SE)というのは一般社会で考えると中間管理職だと言えるのかもしれません。上には管理職としてのPMが鎮座しています。管理職といういのは当たればその組織はとても心地よいですが、そうばかりはいかないのが世の常です。PMにも様々な方がいます。ひどいのになると、ユーザ側の意向ばかり受け入れてこちらの技術的な可否の検討については全く無視だというケースもあります。まあPMは通常は技術を知っている人がなりますから、そこまでひどくはないのが普通ですが。

さて、SEの下には通常はプログラマー(PG)がいます。PGというとガリガリとプログラミングをする人たちですが、プログラマーのスキルや能力も様々です。良いスキルを持ったプログラマーばかりだといいのですが、そうなると技術者に支払う金額が高くなってしまいますからそういうわけにはいきません。

金額を抑えるとなるとどうしても経験が浅い人やスキルが足りない人が業務に就くことになります。さすがにそういう人ばかりになってしまうとプロジェクトが空中分解をしてしまうので、スキルの高いプログラマーもいるにはいますが、その人がSEとうまく折り合いがつくかどうかによって、SEとしての気苦労の度合いが変わってくるのは当然のことです。

こちらからの指示に対して逐一突っかかって来るような人だと、業務がなかなか進みません。しかしその人に納得してもらわないとその他のプログラマーも動いてくれないということになれば、必然的にSEとプログラマーとの間での口論が多くなります。もちろん建設的な口論はいいのですが、お互いのポリシーの違いともなると、もう出口のないやり取りになってしまうことも有りますからね。

そういうこういうで人を扱うというのはかなり難しいものです。そういうことがたびたびおこると、「これなら自分がコーディングをした方が早い」と思うケースもありますが、そうは言っても自分ですべてをこなせるわけではないですから、人をうまく扱いながら仕事を進めることは不可欠です。

そうした場合に、スキル以外にコミュニケーションといったところも問われる、これがSEの仕事なのです。

そんなに苦労をするのならPGのままで結構。。と考えることもあるかもしれません。確かにそれも1つの方法です。SEとして技術的な面以外で悩むのであれば、いちプログラマーとしてコツコツやっていた方が性に合うという人もいるでしょう。

しかし、その場合に自分がもう少し年齢を重ねたら。。。と考えるとプログラマーのまま年数を重ねていくというのもまた問題がないわけではありません。外国ではプログラマも専門職の1つとして高給を得ている人が多くいますが、日本ではプログラマーは下請け仕事の1つみたいな感覚がありますからね。
転職を考えるなら⇒SE転職_大手・社内SE